aga治療は継続することが実感するコツ

男性型脱毛症のagaを改善するためには、医療機関でaga治療を受けるのが得策です。発毛を実感するためには、いかに治療を継続するかが鍵となります。ここでは無理なくaga治療を継続する方法、継続によって得られるメリット、などについて説明しています。

髪を変えるには体質を変えることが前提となるので、焦らず気長に治療をしていきましょう。

前頭部や頭頂部から薄くなるagaを改善するには、体質から変えていく必要があります。髪は身体の内側から生えてくるため、体質や体調がそのまま髪質に反映されてきます。ヘアサイクルを整えるためには少なくとも3~4カ月はかかりますが、aga体質の人だと6カ月程度かかることもあるでしょう。

風邪や腹痛などの症状はちょっとしたストレスや寝不足などが原因で発生することがありますが、agaは少しずつ進行していく症状です。進行が遅いので実感できないケースが多く、数年前の写真と比較したときに気づく人は少なくありません。

ヘアサイクルは時間をかけてバランスが崩れていくので、aga治療は継続的に行うことが大切です。6カ月の施術を受ければ何らかの結果を得られることが多いですが、ここで治療が終わるわけではありません。目標とするボリュームまで復活させるために、その後も治療を継続する必要があります。

早ければ6カ月でフサフサになる人もいますが、3年くらいかかる人もいます。ひとつ言えるのは、薄毛は早期に発見して治療するほど短期間で発毛を実感できることです。なんとなく髪が薄くなったと感じたら、医療機関で診断を受けてみましょう。

aga治療を始めてもすぐに実感できるわけではありません。1~2カ月の治療を受けても、ほとんど変化がないという人もおり、このタイミングで挫折してしまうケースは少なくないです。aga治療が成功するかどうかは、継続にかかっていると考えてください。

最低でも6カ月は継続すると決めておくと、発毛の成功率が高くなるでしょう。ヘアサイクルが正常化すると、抜け毛が減少する、産毛が濃くなってくるなどの自覚症状があり、発毛を実感できればモチベーションは一気に高まります。

薄毛は風邪や腹痛のように、短期間で改善するものではありません。肌トラブルを改善させる以上に時間がかかりますので、できれば年単位での治療を考えておくのがいいでしょう。aga治療で失敗する人の特徴として、短期間で発毛できると考えていることがあります。

髪は急激に太く長く成長するものではなく、ヘアサイクルが少しずつ正常になってコシが復活してくるのです。ヘアサイクルは毛周期とも言われており、成長期と退行期、休止期を3~6年ほどかけて繰り返しています。成長期が短くなると細くて弱々しい髪に変わってきます。

aga治療は髪質を強くすることが要になるのです。

髪のボリュームが復活したあとは、医療機関でのaga治療は終了します。ただしagaは体質的な要因があって発生し、具体的には男性ホルモンの過剰分泌が関係しています。5αリダクターゼという脱毛酵素の影響を強く受ける人ほど、agaになりやすいのです。

体質は先天的な要因によるところが大きいので、治療が終了したあともagaの予防は必要となります。例えば市販の発毛剤を使用して血行を促進させる、薄毛予防のために育毛シャンプーやサプリを活用する、早寝早起きをしてストレスを溜めない、などの対策が重要です。

agaは男性ホルモンの影響により発症しますが、不規則な生活習慣が進行に拍車をかけます。特に栄養バランスの乱れた食生活、慢性的なストレス、睡眠不足などが大きく影響してきます。これらの生活を見直した上で、発毛グッズでケアをすればボリュームを維持できるでしょう。

医療機関でのaga治療が終了しても、セルフケアとしての予防対策は継続する必要があるのです。発毛よりもボリュームを維持させるほうがハードルは低いです。aga治療でボリュームを復活させれば、その後のケアは比較的楽に行えます。

医療機関でのaga治療の基本は、血行促進と男性ホルモンの抑制にあります。頭皮環境が悪化しているときは、血行不良を招いていることが少なくありません。血液は頭皮に栄養素を届ける役割がありますので、ドロドロ状態になると毛母細胞に効率よく栄養を届けられないのです。

発毛剤は頭皮に栄養素を与えることに加えて、血行をよくする目的があります。agaの根本的な要因である男性ホルモンを抑制するためには、5αリダクターゼの作用を阻害する経口薬が役立ちます。身体の外側と内側の両方からケアすることが、髪を増やすための基本です。

医療機関から処方される発毛剤と経口薬は、毎日欠かさずに使用してください。aga治療を継続するために大切なのは、治療を日課にすることです。

私たちは食事や歯磨き、入浴などを忘れることがほとんどありません。これらは日常習慣として習慣化されており、身体が覚えてしまっているからです。aga治療に関しても最初のころは経口薬の服用を忘れるなどの問題が発生しやすいですが、1カ月も経過すれば習慣化してきます。

まずは最初の1カ月はしっかり継続することを念頭に置いて治療してください。

髪は1日で急激に伸びるものではなく、増えたと実感するまでには数ヶ月を要します。

aga治療の継続で最初に実感できるのは、洗髪後の抜け毛の減少です。洗髪後に排水口が真っ黒になっていた状態が少しずつ解消していきます。

また抜け毛の質も変わってきて、縮れた状態からストレートに変化してきたらよい兆候です。続いて産毛が長く太くなる兆候が出てくるのが一般的で、全体的に髪密度が高くなってきます。髪が強くなると立ち上がるようになり、これはブラシで毛の流れと逆方向にとかしてみると実感できるでしょう。

aga治療をやめてもすぐに元の状態には戻りませんが、時間をかけて少しずつ戻っていきます。髪が増えたからと安心せず、目標のボリュームに戻るまでコツコツと継続してください。継続は力なりという言葉がありますが、これはまさしくaga治療に言えることです。

agaを克服する秘訣は楽しんでケアをすることなので、決して悲観的になってはいけません。髪は増やせるとポジティブに考えてケアすることが大切です。